FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確かな日々


「僕らの原点だ。」
あの場所をそう呼んでみたとき
懐かしみを込めたはずなのに何故だか少し寂しくなってしまった。
僕らが既に違う場所にばらばらに離れていってしまったことを
はっきりさせてしまったみたいだったから。

まるで昨日のことに思い出せる
あの場所もあの光景も。
6時になれば家に帰って家族とご飯を食べて笑ったこと。
喧嘩して帰って 悲しみを抱いて布団で眠っても
次の日には一緒に笑いあったこと。

あの場所から人が去って建物が去って
僕たちの思い出もまるで夢だったみたいになって。
心から思ったことを口に出すのも照れ臭いと思うようになった。

時がたてばたつほど、何もかもが過ぎ去り
またひとつまたひとつと消えるたびに
僕たちの思い出があったことさえ怪しくなって。

”もう戻れない”
その言葉だけがずっしりと記憶に影を落とす。
”もう帰れない”
その言葉だけがずっしりと記憶に影を落とす。

僕たちは強くなって
一人でもなんとかやっていけるようになったけれど
「出来ることなら一人でやっていきたくなんかないよ。」
そんなふうに弱気になる日に立ち止まってしまうことも度々で。

そもそも、強くなんかなってないのかもしれない。
もしかしたら、ただ強いフリが上手くなっただけなのかもしれない。

だけど、僕たちは今日と地続きの昨日に踵を返して明日へ進むんだ。
いつか会えたその時に 例え記憶が削ぎ落ちて穴だらけになっていようと
僕たちの日々はたしかにそこにあった。
そのことをはっきりと抱きしめられるように。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

憂愁少年

Author:憂愁少年
元々作詞作曲の修行をしていたつもりがいつの間にか詩作に励んでいた人です。

まだまだ荒削りですが、じっくりじっくり上手なものが書けるようになりたいです。作風も決まってなく、文章の雰囲気の揺れ幅があるかもしれません

大学生になり活動もゆっくりになりました。

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
最新トラックバック
著作権について
著作権は放棄していません。 転載は承諾を得ていただきますようお願いします!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

読者数
閲覧者数
現在の閲覧者数:
FCブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村ランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
リンク
twitter
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。