FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄昏の匂い



電柱の影が東に伸びて 一日の終わりに向かう街
路傍でうなるエアコンの室外機が放つ 
むせかえるような熱風と 共に漂う夕飯の匂いに
一緒に歩いて帰った故郷の道を思い出したよ

どんなに遠い街に居たって 
どんなに知らない場所に居たって
不意に昔どこかで嗅いだはずの匂いがして
淡い気持ちにくすぐられるように
僕がよく知らないこの街だって 
誰かの大切な場所なんだって
黄昏時の空気を深く吸い込めば 
優しい気持ちになれた気がしたんだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

憂愁少年

Author:憂愁少年
元々作詞作曲の修行をしていたつもりがいつの間にか詩作に励んでいた人です。

まだまだ荒削りですが、じっくりじっくり上手なものが書けるようになりたいです。作風も決まってなく、文章の雰囲気の揺れ幅があるかもしれません

大学生になり活動もゆっくりになりました。

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
最新トラックバック
著作権について
著作権は放棄していません。 転載は承諾を得ていただきますようお願いします!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

読者数
閲覧者数
現在の閲覧者数:
FCブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村ランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
リンク
twitter
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。