FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前進


早歩きしたものの 間に合わなかった電車を
見送った 帰りのホーム
下校のチャイムみたいなのどかさとは違う
無機質なメロディが鳴り響く

そういえば 走るのが得意だったっけ
自慢だった気もするのに 忘れてしまっていたよ
最後に全力で走ったのはいつだったか
それすらもずいぶん昔のことのようで。

電車が来て ごった返す人混み
しけた顔して揺られながら 明日へ向かう

いつか走り方どころか歩き方さえも
分からなくなってしまう日が来るのかもしれない。
重い足取りで帰る道すがら
駆けていく子供たちを横目に思うよ。

そんなことを考えていたせいで
僕は急に不安になって駆け出した。
昔よりも鈍い体 ばらばらに感じる手足。
だけど僕は思い出したんだ。

走る時に切れる息の音 鼻に流れ込んでくる風の匂い
身体にまとわる空気の感触 少し苦い気がする汗の味
躓いて 立ち上がれなくなった日々
歩き方なんて忘れて地を這いずり回った日々
あの日々が僕に立ちあがり方を教えてくれたこと。
あの日々のおかげで僕は歩き方を覚えたこと。
何より僕はまだ走れるってこと。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

憂愁少年

Author:憂愁少年
元々作詞作曲の修行をしていたつもりがいつの間にか詩作に励んでいた人です。

まだまだ荒削りですが、じっくりじっくり上手なものが書けるようになりたいです。作風も決まってなく、文章の雰囲気の揺れ幅があるかもしれません

大学生になり活動もゆっくりになりました。

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
最新トラックバック
著作権について
著作権は放棄していません。 転載は承諾を得ていただきますようお願いします!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

読者数
閲覧者数
現在の閲覧者数:
FCブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村ランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
リンク
twitter
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。