FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪郭

お久しぶりです。憂愁少年...です。
月日が流れるのは早いもので23歳になり、少年とは名乗れない歳になりました。
今は大学院へと進学して研究や就職活動の日々です。
こうして人生の岐路に立つと、本当にやりたかったことを押し殺した意味があったのか
よくわからなく感じてしまう気持ちが強くなってきます。
現状に不満を持ちながらも、どんな人間になりたいとか根拠のない自信と野望だけがあった学生時代。
その気持ちだけは誰にも譲れなかったはずなのに、時間の流れと環境の変化で
「もうだめなのかな」なんて心のどこかで諦念が膨れ上がっていきました。
気づけば鈍らせてはいけないと思っていた感性はどんどん風化してしまい、
自分が結局何を考えていたのか、何を考えるべきなのかも分からなくなりました。
これまでの人生は、その場に合わせていくらでもとりつくろってそれらしい性格のふりをしてやり過ごしてきました。
ぼんやりとした人間関係。具体性のない日々。
「僕はこういう人間です。」と胸を張って言えない、思えないことが僕のコンプレックスであり、
ついに就職活動でも「君のやりたいことをやればいい」「君という人間をアピールすればいい」なんて
簡単に言われて僕は改めて自分という人間の輪郭のなさに鬱屈とした気持ちにさせられるのです。

僕は不登校や、部活での選手生命を絶たれる怪我、そういう挫折を経て屈折した感情で生きてきました。
立派な人になりたくて「今の場所から逃げちゃだめだ」って必死に逃げずにやってきました。
それなのに「今の場所以外のところへ踏み出そうと考えることから逃げてきたんじゃないの?」って
言われました。僕は逃げずに頑張ってきたはずなのに逃げてしかいなかったのか?
じゃあ結局僕はなんだったのでしょうか。
僕の足跡が僕という人間を肉付けし輪郭を形作るというなら、
行く先からも足元からも目をそらして、目を瞑って必死に歩いてきた僕は
結局本質的にはただの迷子でしかなくて、不格好な姿になってしまっているんです。
可能性を広げるために能力を高めるということは、逆にその能力を使うところでしか
生き残れない、自分の価値を見出せない、そんな状況へと選択肢を狭めているんです。

輪郭を持たない僕は、自分の存在を堂々と掲げることができない。
だから、誰にも見つけてもらえない。選んでもらえない。
選ばれないのは選ぶ勇気がないから。
選ぶ勇気がないのは自分が誰なのか分からないから。

最近、昔の自分の文章を見ました。
今よりも、流暢に素直に思ったことが言葉にできていました。
今の僕は自分の気持ちに曇りがかかってしまっているので
言葉という輪郭を与えることができません。

暗い歌を聴いては嬉々とするような寂しい人間になんかなりたくなかった。
ありのままの自分を見せればいいというが、本性がばれてしまったら
現実的にそれは使えない人間として扱われることになる。
「精神が弱い」、「意志薄弱」、「対人恐怖症」、「うつ病」、、、
それでもいいと人は言うけれど、人材としてはそれではよくない。
それは当然のことだ。
だから、僕は全部殺して強い人のふりをする。
嘘の人間性、嘘の夢、嘘の希望。
誰に対してもそうやって振舞って一生誰にも理解されずに生きていくのだろうか。
自分だって自分のことがもはや理解できないのに。

誰か僕を見つけてくれ。そして、僕に輪郭を与えてくれ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

憂愁少年

Author:憂愁少年
元々作詞作曲の修行をしていたつもりがいつの間にか詩作に励んでいた人です。

まだまだ荒削りですが、じっくりじっくり上手なものが書けるようになりたいです。作風も決まってなく、文章の雰囲気の揺れ幅があるかもしれません

大学生になり活動もゆっくりになりました。

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
最新トラックバック
著作権について
著作権は放棄していません。 転載は承諾を得ていただきますようお願いします!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

読者数
閲覧者数
現在の閲覧者数:
FCブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村ランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
リンク
twitter
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。