スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳴らないチャイム




放課後 鳴らないチャイム

一人 後ろから3番目右から2番目の机

こんなに奇妙な光景があるだろうか

他に座る席はいくらでもあるのに 

わざわざ僕はいつものこの決まった席に座って見渡す


並べられた誰もいない机と椅子は
           まるで僕らの青春の墓標みたいだった。


ああ、あれからどれくらい経ったんだろう。

未だに僕はチャイムの音が聞こえないまま

あの夕焼けに焼きつけられた光景の中のままなんだ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

憂愁少年

Author:憂愁少年
元々作詞作曲の修行をしていたつもりがいつの間にか詩作に励んでいた人です。

まだまだ荒削りですが、じっくりじっくり上手なものが書けるようになりたいです。作風も決まってなく、文章の雰囲気の揺れ幅があるかもしれません

大学生になり活動もゆっくりになりました。

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
最新トラックバック
著作権について
著作権は放棄していません。 転載は承諾を得ていただきますようお願いします!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

読者数
閲覧者数
現在の閲覧者数:
FCブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村ランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
リンク
twitter
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。