スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正義とルール


 
部屋から眺める世界は やっぱりいつも同じ景色で
それはいつまでも何もしない僕の心を象徴しているようで
毎日が怖くないわけなんかないよ 
機械みたいに言われたことをやって プログラムされたとおりに応答する。
そうすればみんなほめてくれる。
友達もみんなそうだ。
問題を起こさなきゃ責められはしない。
馬鹿みたいに安っぽい正義さえ振り回しておけば褒められる。
正義という名をとり間違えた手錠はいつでも僕らの腕を束縛していて
それを外すカギさえも不良品のようにあつかわれる。
我慢できなくなって鍵穴にそれを突き立てた時正義は罵った。
誰もそんなことはしない。愚か者。
その言葉一つで大切な鍵はどこかへ消えてしまい、
また探し直す羽目になってしまうのだった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

憂愁少年

Author:憂愁少年
元々作詞作曲の修行をしていたつもりがいつの間にか詩作に励んでいた人です。

まだまだ荒削りですが、じっくりじっくり上手なものが書けるようになりたいです。作風も決まってなく、文章の雰囲気の揺れ幅があるかもしれません

大学生になり活動もゆっくりになりました。

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
最新トラックバック
著作権について
著作権は放棄していません。 転載は承諾を得ていただきますようお願いします!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

読者数
閲覧者数
現在の閲覧者数:
FCブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村ランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
リンク
twitter
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。