スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰宅路にて独り言



あの頃の僕らだったら
きっともう布団で夢を見てるような時間に
やっと帰路につく
夕方あんなにも帰宅ラッシュで騒がしかった
駅前はやけに静かだ

聞こえてくるのは
たまに通る車の音と
たまに遠くで響く酔っ払いの高笑いぐらい


僕の呼吸の音も 落ち葉を踏む音も
今ならこんなにも高い空に響く

そっと独り言をつぶやいたのなら
君のもとへだって届きそうな  
そんな夜でした




本当なら「○○駅前は~~」と、駅にちゃんと駅名が入るのですが
もちろん伏せて駅前にしました。。。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

独特の静けさとしんみり感を目指してみました。
・・・がまだまだですね。

ありがとうございます!


さむーい、空気の澄んだ夜って感じですかね。

しんとした空気は自分の存在に気付かせてくれますよね。

テストお疲れ様でした(^^*)
プロフィール

憂愁少年

Author:憂愁少年
元々作詞作曲の修行をしていたつもりがいつの間にか詩作に励んでいた人です。

まだまだ荒削りですが、じっくりじっくり上手なものが書けるようになりたいです。作風も決まってなく、文章の雰囲気の揺れ幅があるかもしれません

大学生になり活動もゆっくりになりました。

最新記事
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
カテゴリ
最新トラックバック
著作権について
著作権は放棄していません。 転載は承諾を得ていただきますようお願いします!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

読者数
閲覧者数
現在の閲覧者数:
FCブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村ランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
リンク
twitter
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。